2015年02月05日

餅まき

とうじょう内科・循環器クリニック 様が、
先日、無事、上棟致しました。

2015年 5月中旬、オープンを目指し現場は、頑張っております。

そして、久々でしたが、餅まきを行いました。
この度は、沢山の方に来ていただき、大変嬉しい「餅まき」となりました。

F3EDF901-E544-4539-9E4C-9BCA541165FD.jpg7394673D-5331-457F-AE1F-8C38F8C75D63.jpgA5398029-3805-42C1-AD39-7FE89AFD22B2.jpg


さて、最近は、少なくなりました、この「餅まき」ですが、さかのぼること平安時代から行われている行事とか、

以下は、餅まき.comさんより、転用。

上棟式での餅まきは、「散餅銭の儀」という災いを祓うための儀式の中で、餅と銭をまく事がもとになっているようです。

家を建てることは大きな厄災を招くという考えがあり、その厄を避けるために餅や小銭をまいて他人に持って帰ってもらうという説があります。

古い時代には、家を建てるということは、(地域)の共同体による共同作業でした。

「家を建てる」=「富がある」ということの象徴で、その富を地域の共同体で分け与えることで、厄災を避けるために、神饌であり保存食でもある『餅』や富の分配の形としての『小銭』をまく(分配する)ことが、地域の共同体の中での生活を円滑におこなうための習慣だったようです。

最近は見なくなりました餅まきですが、近所の方とコミュニケーションも含めて、これから上棟される方には、是非オススメいたします。

上からの景色は、なんとも言えませんよ。

posted by トイ at 11:14| Comment(0) | NEWS! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。