2011年07月27日

完成内覧会無事 感謝感謝です。

お忙しい中 お越し頂きましてありがとうございます。

弊社一同感謝しております。


今後とも皆様より、気になる存在になりますよう、
設計事務所ならではの住宅造りを、もっとうに

全力投球いたします。


今後とも何卒よろしくお願い致します。
posted by トイ at 18:17| Comment(0) | I house(仮称) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

完成内覧会!

ご無沙汰しております。

何かとバタバタしておりまして・・。
というところが言い訳です。


さて、ブログがかけなかった、この何ヶ月かで
物件がいくつか進んでおります。

そして、本日ご紹介します物件は、
弊社アトリエサンカクスケール社長でもあり、
大名風水ブランクマップの風水師 井上の自邸の
完成内覧会のご案内です。

ということはもちろん、
風水設計100%そして、
私のデザインが加わりデザイナーズ住宅100%

なかなか、この組み合わせでの住宅は、
福岡には少ないでしょう。

またオーナー様のご好意により
3日間の開催となりました。

7/18 月(祝) 11:00〜19:00

7/23 土    11:00〜19:00
7/24 日    11:00〜17:00


image-20110707074953.png


image-20110707075021.png



↓こちらが案内です。
A4チラシ_18.23.24.jpg
posted by トイ at 07:51| Comment(0) | I house(仮称) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

奥様の城

こんにちは。
そろそろ、仕事に関しても書き込みをしないと、いつまでリハビリブログをするのだろうと言われそうなので、”Ihouse”の最新情報について書き込みします。笑

私が入院する直前まで、プランニングに関してもいろいろとありましたが、
この事について後ほどゆっくり書くといたしまして。

今回ブログは、奥様が一番楽しみとされていましたイベント。そう・・・!
じゃじゃ〜ん、キッチンです。





もちろん!弊社ではオーダーから各メーカーのシステムキッチンをセレクトすることはもちろん、各メーカーのメリット、デメリットをお話しつつ、その方に一番あったものを提案することも出来ます。
ここは、サンスケに頼むポイントのひとつですよ!
 キッチン一つとっても使い方や好み、料理の内容や、キッチン動線や、使いやすい間取りに対してのキッチンの配置等、アドバイスが必要な箇所が沢山あります。
毎日使うところであるからこそ、こだわりたいところです。

さて話はもどりまして今回は、設計に入る時から奥様の憧れと仰っておりました、
ステンレス&3Dシンクが売りのTOYO Kitchinさんです。

このメーカーの一番の売りはもちろん、汚れたお皿を隠せたり、作業スペースを増やせたり、野菜の洗い場を瞬時に増やせたりと3段スライドできる棚?板?の3Dシンクに特徴があります。
簡単に言いますと、シンクの深さが通常のものより深くなっており、その深さを利用して、可動式のステンレス棚が縦に2枚の3層になっているという、お優れものです。





料理好きから、お片づけベタの方までご愛用いただけます。笑


今回は、大きさや表面の仕上げ、ガスコンロのグレードなど、
キッチンのグレード選びです。

もちろん、これもグレードがありますので、しっかり悩んでいただくことをオススメします。
Iさんも、本日の打ち合わせ前に一度ご夫婦で下調べされたそうですので、
前情報もしっかりされておられました。

大筋のグレード候補も決まりましたので、さあいよいよ、
次回はプランの決定です。
posted by トイ at 17:02| Comment(0) | I house(仮称) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

ご自宅訪問の巻

さて、前回はI様のライフスタイル表を提出していただき、
ある程度の生活スタイルが把握することができました。

(平均的には、この段階で、3回目の顔合わせとなります。)


ではでは
ついに、現在住まわれております。
ご自宅を拝見させていただきます。

”おじゃまします 都井です”

I様は築30年近い、公団に住まわれておりますので、
どちらかと言いますと、自分達の生活を建物に合わせている
という感じでした。簡単に言いますと、
設備やプランが30年近くなので、今の生活スタイルには合わないということです。

これにより、その方の収納パタンや、生活動線や、
収納名人かそうでないかなどなど、拝見できます。


たとえば、

@リビングとキッチンの関係が近すぎる。
A脱衣所が確保されていない。
B洗濯物スペースが小さい。
C収納が足りない。特に玄関。
・・・etc

そういったことが不満としても上げられます。


@リビングとキッチンの関係が近すぎる。

キッチン関係は、見えても良いように、
デザインされた、キッチングッズを購入されていましたので、
キッチンと近さは、それほど不快に思いませんでした。
逆に見せたいというお話もでるぐらいでしたので、
ここはクリアーです。


100209Ihouse07.jpg
<I様には了解をいただきまして載せております。>

A脱衣所が確保されていない。
脱衣所は成れてしまえばといった具合ですが、
たぶん、お二人ということと、客人を泊めることが
増えると問題になるでしょう。

B洗濯物スペースが小さい。
これは最低ラインで良いということと、
ゴミだしスペースにもなるので、できれば欲しいということでした。
最近人によっては、乾燥機でというかたもおられるので、
洗濯物スペースは人それぞれですね。

ちなみ私の家は、ベッドはなく布団生活なので、
妻いわく”いっきに布団を全部干したい”そうです。
この場合は干すスペースを確保する必要がありますね。

C収納が足りない。特に玄関。
実はI様の最大の難所がこれです。
洋服の収納がまったく足りていないということです。
既存の収納を1とすると、4倍近い量をお持ちでの上、
一部屋がWCL化しておりました。

100209Ihouse04.jpg
<I様には了解をいただきまして載せております。>


今回は洋服の収納がポイントになりそうです。

さて実測を行い、新築に持って行く、行かないもの、まだわからない物を教えていただきました。

100209Ihouse09.jpg


実測を行った後は、いつもの動線や、収納し方など、
その方のクセや習慣を把握して、新築に変わった時にどこまでが許容範囲か、若しくは使い勝手が向上するかを一つ一つ丁寧に聞き取り致します。

3時間ほどのお宅訪問でしたが、
大変意味のある訪問でした。(喜)


”お邪魔しました〜”





I奥様お時間いただきまして、有難う御座います。

さあ次回は、いよいよプランのご提案となります。




posted by トイ at 11:28| Comment(0) | I house(仮称) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

宿題からプレゼンへ

Ihouseも、本格始動です。

前回より少し書き込みがおくれましたが、

Ihouseは、がっつりやってます。


さてさて、お客様より提出いただきました、
ライフスタイルシートです。

100209Ihouse08.jpg


これを見ながら、どんな生活をされているかこと細かく、
お聞きいたします。

実は、このシートはとっても、とても大切なのです。
というのも、これから読み取れたことが、家のプランを決めることも、多々あるのです。


さてIhouseさんは、旦那様の帰宅が大変遅く、
奥様の言葉を借りれば、
”うちは、母子家庭だから”というお話です。
う〜確かに、子供が寝た後に帰ってくるような時間帯ですもんね。

奥様も不定期に外出が多いみたいですし、
その辺もなにか考えたいな〜と思っています。

その不定期な奥様は、新築がたった暁に、
”おうちshop”をされたいそうです。

100209Ihouse01.jpg
<この内容は後日、面白い展開となります>


後は、次回お見せしたいと思いますが、
恒例の「お宅拝見」となります。
<実際に家に遊びに行きます>

ライフスタイル表で1日のスケジュールを確認した後に、
ご自宅を見せてもらいます。

これで収納量がどれぐらい必要かや、
片付け上手かそうではないかなどなど、
その人のくせがわかるのです。


100209Ihouse09.jpg

後は、新築に持っていく物リストを作成。
家電製品はもちろん、家具や大物など、
全てそこで実測します。

これは、最初からどこに何を置くかを、
シュミレーション済みで引っ越せますので安心です。


さあ次回はいよいよ、「お宅拝見」!!です。

posted by トイ at 10:00| Comment(0) | I house(仮称) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

ついに 狭小住宅Ihouse 参上です。

Ihouse(仮称)がついにブログ公開となりました。

それも、なんと! 
お施主様のご好意により、
すべて公開が許されました。

本当に感謝、感謝です。

アトリエサンカクスケールの
設計スタンスを全て公開することはもちろん、

お施主様との考え等も、このブログで公開していきます。


後悔しない家、皆様自身にとっての家、
そんな愛着と個性を持った家造を
是非この機会に、すべてご覧頂けますと幸いです。





さあいよいよ公開のI house がスタートです。

入居は年内希望!

ということは、
逆算しまして、今月から本格スタートすると
丁度良い時期になるでしょう。
(30坪前後の住宅ですと、
  プラン開始から竣工まで約10ヶ月が目安です)


まずは、土地の周辺状況を確認です。

タイトルでも書いておりますとおり、
狭小住宅の部類になりますが、

土地の敷地面積が、なんと19坪という
大変立派な狭小住宅地です。


100209Ihouse06.jpg

お話頂きました時は、まだ建物がたっておりましたが、
ご購入後は、さら地となり

100209Ihouse05.jpg
↑黒の車が丁度敷地の中に止めた状態です。

電線や下水道、給水線の位置。
そして法規的な内容は、その地域、地域によって
何種類かの制約がかかってきますので、
しっかりここも調べます。(役所などでわかります)

ちなみに、Ihouseは、第二種中高層住居専用地域です。
ということは・・・。建ペイ率60%、容積率150%・・・。

上記の数字で敷地面積から割りだすと、
全ての床面積をたしても、29坪弱までしか建てれませんよ、
ということと、それも3階建てにして始めて、
29坪の面積が取れることがわかるのです。

う〜ん
なかなか、これはプランが難しくなりそうですね。

難しければ難しい程、わくわくしてきます。
(設計事務所ならではの感覚かもです)


そして、設計に入る前にもう一つ、
お施主さまに宿題をいくつかお渡しします。


次回は、その宿題をご披露いたします。





posted by トイ at 19:08| Comment(0) | I house(仮称) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。